自律神経とは

自律神経とは無意識に働いている神経で呼吸・循環・消化・代謝・分泌・体温維持・生殖・排泄など体にとって生きていくには欠かせない最も基本的な機能を調節して体調を管理している神経で意思とは関係なく起きている間も寝ている間も24時間働き続けています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、

・交感神経(起きている時や緊張している時、運動や体を動かす時に主に働く神経)が優位になると血管を収縮して血液の流れを速くして心拍を上げて活動しやすい体の状態になります。
(素早く反応し、行動できるモード)

・副交感神経(寝ている時やリラックスしている時に主に働く神経)が優位になると、血流を調整して酸素や酵素を全身に運び疲れを取ります。
(体を修復するモード)

この交感神経、副交感神経の2つのバランスで心臓や内臓、血管の拡張と収縮による血液のコントロール、筋肉などの調整機能や治癒能力、免疫機能など、さまざまな器官を調整して体内の環境を整えている神経になります。

小金井けやき整体院では、自律神経専門院として自律神経整えるお手伝いをしております。

お悩みの方は、是非一度ご相談ください!

▼小金井けやき整体院
東京都小金井市貫井南町4-7-3
国分寺駅より17分/武蔵小金井駅よりバス17分
営業時間:10時~20時(日・祝日休み)
090-3981-5379
※お問い合わせはお電話でもネット予約でも受付しております。

次の記事

セロトニンとは